大阪のお花見の名所

大阪のお花見の名所を5件掲載。全国のお花見の名所情報なら「みんなでお花見」。全国の桜の名所に穴場、ライトアップ情報、見頃、満開情報など。タウン情報サイト30min.が提供。

大阪のお花見の名所はこちら!

  • [ライトアップ]大阪城公園

    大阪城を中心に広がる緑豊かな公園で、都会のオアシス。数々の重要文化財が残る園内には約4300本の桜があり、なかでも西の丸庭園にはソメイヨシノを中心におよそ600本が植栽されている。見頃の時期には入園時間を延長し、盛大にライトアップした夜桜花見が楽しめる。[開花時期・見頃]3月下旬~4月上旬

    [ライトアップ]大阪城公園

    大阪府大阪市中央区大阪城
    地図

    詳細情報

  • 四天王寺

    1400年以上も前に、聖徳太子によって建立された古寺で、和宗の総本山。 戦後に再建された門、五重塔、金堂、講堂が北から南へ一直線に立ち並び、日本最古の建築様式を残す境内は、国から史跡に指定されている。 大晦日には、「除夜の鐘」を先着108名までが撞くことができ、その終了後、引き続いて「開運の鐘」(北鐘堂)と「招福の鐘」(太鼓楼)を明け方(午前3時頃)まで自由に撞くことができる。一般公開している極楽浄土の庭(本坊庭園)は、約100本の桜が咲き乱れる。[開花時期・見頃]3月下旬~4月上旬。

    四天王寺

    大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
    地図

    詳細情報

  • 造幣局「桜の通り抜け」

    平成25年は4月16日(火曜日)から4月22日(月曜日)までの7日間。造幣局の構内に咲く「通り抜けの桜」は毎年桜が見ごろの1週間限定。大川沿い南門から北門にかけて、約560mにも及ぶ見事な桜並木を一般の人々に桜を公開している。約130種、約350本の桜が咲き誇り、珍しい品種をの桜にも出会える。ぼんぼりに灯った明かりで楽しむ幻想的な夜桜もオツ。[開花時期・見頃]4月中旬頃(1週間限定)

    造幣局「桜の通り抜け」

    大阪府大阪市北区天満1-1-79
    地図

    詳細情報

  • [ライトアップ]万博公園

    岡本太郎作「太陽の塔」がシンボルの、日本万国博覧会の跡地を整備した公園。ソメイヨシノや山桜、しだれ桜など9品種の桜が約5500本植えられている。毎年、開花時期に合わせて「万博公園桜まつり」を約2週間開催。500本のソメイヨシノの並木がライトアップされ、幻想的な雰囲気に。[開花時期・見頃] 3月下旬~4月上旬

    [ライトアップ]万博公園

    大阪府吹田市千里万博公園1-1
    地図

    詳細情報

  • 毛馬桜之宮公園

    大川の毛馬洗い堰から下流の天満橋まで延長4.2キロの河川敷を利用したリバーサイドパーク。右岸には造幣局や泉布観など明治初期を代表する建築物が建ち並ぶ。桜並木は天満橋から桜之宮橋(銀橋)あたりを中心に、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、サトザクラなどの桜が咲き乱れ、その数はおよそ4800本。暗くなるとライトアップもされ、夜桜を楽しむ大勢の花見客で賑わう。[見頃時期・見頃]3月下旬~4月中旬。

    毛馬桜之宮公園

    大阪府大阪市都島区中野町1-10-29
    地図

    詳細情報