奈良のお花見の名所

奈良のお花見の名所を5件掲載。全国のお花見の名所情報なら「みんなでお花見」。全国の桜の名所に穴場、ライトアップ情報、見頃、満開情報など。タウン情報サイト30min.が提供。

奈良のお花見の名所はこちら!

  • 奈良公園

    ヒガンザクラ、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ナラココノエザクラ(奈良九重桜)、シダレザクラ、サトザクラ、ナラノヤエザクラなど種類豊富な約1700本もの桜の木がある。時期によって開花時期が異なるため、お花見が長い期間楽しめる。東大寺・知足院には国の天然記念物に指定された奈良八重桜がある。[開花時期・見頃]3月下旬~4月下旬

    奈良公園

    奈良県奈良市雑司町469
    地図

    詳細情報

  • 石上神宮外苑公園

    奈良県天理市に聳える布留山の西北麓に社殿を構える、石上神宮を中心として広がる石上神宮外苑公園。神社には、古代の軍事氏族である物部氏が祭祀し、ヤマト政権の武器庫としての役割を担っていたと伝わっている。春になると園内で植栽さている約600本のソメイヨシノが一斉に咲き誇り、境内を春の色彩で包みこむ。開花にあわせて天理桜まつりが催され、夜間はボンボリが灯る。まつり期間中にはさまざまなイベントも執り行われる。[開花時期・見頃]3月下旬~4月中旬。

    石上神宮外苑公園

    奈良県天理市布留町384
    地図

    詳細情報

  • 氷室神社

    奈良の東大寺の近くに位置する氷室神社。平城京の昔から氷の神さまを祀っており、毎年5月1日には献氷祭という、鯉と鯛を封じ込めた高さ1メートルほどの氷柱が神前に供えられるお祭りがあることで有名だ。そしてもう一つ有名なのが、樹齢400年のしだれ桜。奈良一番桜ともいわれ、奈良で一番に花を開くほどの早咲きを誇る奈良の春の使者である。美しく流れるように咲く枝垂桜はたいへん趣があり、誰もがうっとりと見とれてしまうほど。夜にはライトアップされ、昼とは違った妖艶な姿を楽しめる。[開花時期・見頃]3月下旬~4月上旬

    氷室神社

    奈良県奈良市春日野町1-4
    地図

    詳細情報

  • 郡山城跡

    「御殿桜」と呼ばれた郡山城の跡地。明治になり城郭が取り払われ、柳澤神社建立の際、周辺に桜を補植、かがり火を焚いたのが夜桜の始まりといわれる。城内には濠を囲むようにしてソメイヨシノが約1000本植えられ。毎年見頃に開催されり「お城まつり」の頃は、城跡全体がピンク色に染まる様子は圧巻。[開花時期・見頃]3月下旬~4月上旬

    郡山城跡

    奈良県大和郡山市城内町
    地図

    詳細情報

  • [ライトアップ]吉野山

    古来より日本一の桜の名所として知られ、吉野山を含む「紀伊山地の霊場と参詣道」が、ユネスコの世界遺産に認定されている。吉野山には古来桜が多く、シロヤマザクラを中心に約200種3万本の桜が密集。地域ごとに下千本(しもせんぼん)、中千本(なかせんぼん)、上千本(かみせんぼん)、奥千本(おくせんぼん)と呼ばれ、山下から山上へ順に開花してゆくため、長く見頃が楽しめる。また、桜の開花に合わせて夜桜のライトアップも実施し、幽玄な雰囲気に包まれる。[開花時期・見頃]4月上旬~下旬

    [ライトアップ]吉野山

    奈良県吉野郡吉野町吉野山
    地図

    詳細情報