宮城のお花見の名所

宮城のお花見の名所を6件掲載。全国のお花見の名所情報なら「みんなでお花見」。全国の桜の名所に穴場、ライトアップ情報、見頃、満開情報など。タウン情報サイト30min.が提供。

宮城のお花見の名所はこちら!

  • 一目千本桜(白石川堤一目千本桜)

    清流・白石川と残雪の蔵王連峰を背景に咲き誇る「一目千本桜」は、町のシンボル的存在。日本さくら名所100選にも選出されたソメイヨシノ、センダイヨシノなど約1200本もの桜が一斉に咲き誇る並木道は壮観。桜が満開になる季節には、「おおがわら桜まつり」が開催され、県内外で多くの観光客が訪れる。夜桜のライトアップは幻想的な美しさを醸し出し、一味違う桜並木を楽しめる。 [開花時期・見頃]4月中旬

    一目千本桜(白石川堤一目千本桜)

    宮城県柴田郡大河原町大谷字町向 白石川右岸河川敷公園
    地図

    詳細情報

  • 加護坊山

    豊かな自然に包まれた山で、山頂からは仙台市や石巻市まで360度のパノラマで見渡すことができる加護坊山。桜の見ごろを迎える4月中旬からは、標高224mの加護坊山にソメイヨシノ、ヤエザクラ、ベニヤマザクラなど2000本の桜が咲き誇り、その眺めは見事の一言。同時期に開催されるさくらまつりには町内外からたくさんの人が訪れ、花見気分で盛り上がる。夜の桜のライトアップも魅力的。 [開花時期・見頃]4月中旬~5月上旬

    加護坊山

    宮城県大崎市田尻大沢字加護峯山178-1
    地図

    詳細情報

  • 榴岡公園

    仙台藩四代藩主綱村が京都から取り寄せたシダレザクラなど1000本あまりをこの地に植えたのが始まりと言われている。時を経て、戦後の荒廃や樹木の老衰によって木々の本数が少なくなったため、シダレザクラの名所として甦らせようという気運が高まり、植樹が行われ、今では、サクラの名所として広く知られ、サクラの季節になると花を楽しむ多くの人たちで賑わいを見せる。 [開花時期・見頃]4月上旬~中旬

    榴岡公園

    宮城県仙台市宮城野区五輪1−301−3
    地図

    詳細情報

  • 塩釜神社

    全国にある塩釜神社の総本山である塩釜市の「塩釜神社」。境内には天然記念物であるシオガマザクラやシダレザクラ、ソメイヨシノなど約300本ほどが植えられ、満開になる4月の第4日曜には花まつり(神輿渡御) を行っている。 [開花時期・見頃]4月中旬~5月上旬

    塩釜神社

    宮城県塩竈市一森山1-1
    地図

    詳細情報

  • 青葉山公園

    青葉山公園周辺には「桜の小径」と呼ばれる道があり、春には満開の桜が桜のトンネルを作る。また、堀の面影を色濃く残す長沼沿いにも桜が咲き誇り、桜の堂々とした様子はもちろん、散った花びらが長沼に浮かぶ寂しげな様子もとても風情がある。 [開花時期・見頃]4月中旬~下旬

    青葉山公園

    宮城県仙台市青葉区川内
    地図

    詳細情報

  • 船岡城址公園

    明治維新まで柴田氏が居住した館跡で、東北有数の桜の名所として知られている「船岡城址公園」。昭和45年のNHK大河ドラマ「樅ノ木は残った」で一躍全国的に有名に。毎年4月上旬から下旬に開催される「しばた桜まつり」は、県内外から訪れる20万人以上の花見客で賑わう。 [開花時期・見頃]4月中旬~下旬

    船岡城址公園

    宮城県柴田郡柴田町船岡舘山
    地図

    詳細情報